チャットレディの確定申告!必要経費に計上できる家賃の話

※税金の話については、経験則で書いていますので正確な情報については所轄の税務署で確認されることをおすすめします。

チャットレディの確定申告。税金の知識は絶対持っていた方が身のため!税金失敗談

今年からマイナンバー制度も始まり、チャットレディの確定申告にも何か影響があるのかとおもきや、今年の確定申告書にはマイナンバーの記載はいらないんですね。来年からは必要になるようですが。声を大にして言いたいのは、チャットレディをやっていて、税金の話は誰もが面倒だと思うのですが、知っておいた方が絶対に得です。確定申告や税金を知らない、やらないで損するのは自分だと、この失敗談を読んでいただければ感じてもらえるかもしれませんw

チャットレディの確定申告

うちの話ですが・・・旦那が結婚前に転職をしたとき、住民税の払い込みがうまく手続きされていなかったようなんです。で、旦那は当然役所に問い合わせをしたんですが、その後も何も音沙汰なかったので放置していたら、一気に100万超の住民税(延滞税込)の請求がきたそうです。こっちとしては、問い合わせもして請求してほしい旨伝えたのに、延滞税も含めて一気に100万以上請求するなんて不誠実もいいとこだと。結局やむなく支払ったそうですが( ;∀;)そんなこともあり、確定申告や税金に関しては、やらない知らないでは、自分が損をすることになります。とりあえず、聞いておく、確認しておく、行動しておく、のが自分のため、家族のためです。

旦那が払っている家賃を妻の在宅ワークの必要経費にできるか?

チャットレディの確定申告,チャットレディの扶養,副業 主婦 ブログ

在宅チャットレディの必要経費として、収入から引けるものの中に自宅の家賃があります。在宅チャットレディにとって、住宅兼仕事場になっていますからね。当然、通勤チャットレディだと自宅の家賃は経費にするのは難しいでしょう。家賃・光熱費の支払いについては、夫婦だと旦那さん名義の口座から落ちてるっていう人が多いかと思いますが、そういう場合でも在宅ワークをしている妻の経費に按分した額を計上してOKです。夫婦が生計を一にしている場合ですね。例えばカレシの家でチャトレしている人だと、まだ夫婦としての形がないので(内縁って認められればまた話は違いますが)カレシが払った家賃をチャットレディの確定申告の時に経費にするのは難しいですね。

つまるところ、ちゃんと夫婦であれば2人で1人、家賃が自分の手出しだろうが、旦那の口座から落ちようがどっちでもOKですよ、っていう話です。光熱費も同じですね。夏冬場のチャトレ業は光熱費がかさみます。冬に灯油を買ったときのレシートなんかもなくさないように保管しておいて下さい。

チャットレディで確定申告しているけど旦那にバレていない

正直、在宅ワークのチャットレディがばれそうになったことは何度かありました。というのも、書類とか、税金からばれたっていうことではなくて、私がチャット中に旦那が突如帰宅!っていうケースです(*’▽’)結構・・・びっくりしますwなんとなくごまかしまして今に至りますが、ぶっちゃけチャトレやってるって言っても、旦那はチャトレ自体を知らないと思いますね。超レトロな旦那です。私は既に旦那の扶養を出て仕事をしているので、お金を稼いでいることは当然知っています。ここで全くお金を稼いでいないよ~っていうのは、逆にかなり難しい。わざわざ在宅チャットレディやってるということは言ってませんけど、もう5年以上内緒の状態で今に至っています。

チャットレディの口コミでも、40~50代半ばの主婦チャットレディさんは結構な金額稼いでいます。20代のチャットレディさんだと、稼ぐ目的は大抵お小遣い稼ぎですが、主婦のチャットレディの場合は離婚して稼がないといけないとか、借金返済でチャットしてお金を稼ぎたいといか、目的のある人が多いからだと推測しています。お金が稼げたら税金の話は絶対出てくることですので、チャットレディの確定申告の手順は覚えておいて損しないと思いますよ。

ブログ仲間チャットレディさんは50代ココで副業してます

  ←他のチャットレディさんのブログも見てみる!

コメントを残す

CAPTCHA