チャットレディの節税対策!個人事業主としてふるさと納税してみた

※税金は私の専門外ですので、正確な話は税理士さんに相談されることをおすすめします。

私はここ数年は副業チャットレディとして主婦の扶養内の稼ぎでやってきたんですが、今年に関しては前半に飛ばしてしまったため、夏頃から扶養を出そうな予感がしていました。チャトレを控えれば扶養出ないっていう選択肢もありましたが、お金になるのに仕事をしないっていうのももどかしく、夏を過ぎたころに扶養から出ることにしました。(→チャットレディ報酬が扶養を超えてしまった話)青色申告の届けもしていなかったので、今年できるチャットレディの節税といえば(事実上は節税っていうより前払いですが)個人事業主としてふるさと納税をすることにしました。

個人事業主チャットレディの節税対策!ふるさと納税をしてみた

チャットレディは個人事業なので、稼ぎが多くなったら自分で確定申告をして、税金を収めなければいけません。専業のチャットレディさんであれば、年間所得が38万を超えたら確定申告が必要です。今年からふるさと納税の控除(項目的には寄付金控除)が上限の額が倍になったこともあり、ふるさと納税している人は多いようです。「ふるさと」納税ですが、別に自分の出身地じゃなくてOKです。みなさんそうだと思いますが、私も返礼の品のいいところで決めましたwうちは旦那の好物がカニなので、本場のカニにしてみました。実物です↓

チャットレディ 節税,副業 主婦 ブログ
カニヒルついてるし~!最高においしかったです。冷凍品でなく、クール便での配達でした。
鳥取の境港への寄付でしたが、予算の関係で脚欠け(カニの脚が一部ないわけあり品みたいなもの)のカニなのですが、それでもブランドカニの松葉かに。みそもたっぷり入っていて、旦那が相当喜びました。
主婦チャットレディが一番稼げる副業サイト

チャットレディのふるさと納税限度額を計算してみる

ふるさと納税は、寄付をすると翌年の住民税から差引かれるようになっていますが、全部寄付して翌年の住民税はなし!なんていうことはできません。寄付金控除できる限度額があります。インターネットで限度額計算できるサイトはありますが、給与所得者のものばかりなので、業務委託報酬である副業チャットレディだとどうなるのかな?と思い、調べて計算してみました。(計算は税理事務所で確認を取ってますが、間違っている可能性もあるので、参考程度にお願いします)

寄付金控除の限度額はおおまかには住民税の所得割(住民税は所得割と均等割がありますが、計算に必要なのは所得割の方)の2割です。所得割っていう名前の通り、収入から必要経費を引いて計算する必要があるので、白色とはいえ、帳簿をつけていたのが便利でした。おおざっぱに言ってその所得割の2割までの金額なら、2000円を除き(←2000円は自己負担)翌年の住民税から控除されます。

詳しい計算式は・・・
①収入から必要経費を引いて、所得を出します。
②社会保険・生命保険等、所得から控除できる金額を引き算して
課税所得を出します。
③計算した②の金額に10%を掛け算します(住民税)
④(計算した③の金額×20%)÷(90%-所得税率×1.021)+2000円を計算すると大体の限度額が出ます。
※所得税率は195万以下の場合は5%です。

所得割っていうのがチャットレディには難しいところで、サラリーマンの給与所得なら予測もつきやすいですが、月によっていくらでも波がありうるチャットレディ収入は、予測がつけにくいところはあります。大体の金額を計算して、損をしたくない人は計算で出た金額よりも少な目に寄付しておけば間違いないですね。というわけで、カニやら牛肉やら久しぶりにうちの冷蔵庫もにぎやかでしたw

私も今まではチャットレディで社会保険の扶養(うちの社保の場合は年間収入130万で社保の扶養を外れます)を外れないようにしてきました。所得税の配偶者控除はは年間所得38万なので、これはあっという間に超えてしまいますね。
で、保険料等を払うと損するといわれている収入130~160万のラインは社保等払うと損をするラインなのでここに報酬が留まってしまうともったいないので今年はここを超えて稼いでみました。今年の所得が多い個人事業のチャットレディは節税対策で、ふるさと納税を考えてみてもいいと思いますよ。年末なので、年内に寄付したい人は急いで下さい。


  ←他のチャットレディさんのブログも見てみる!

コメントを残す

CAPTCHA